抱きあう人

神経が過敏になる

慰める人

過覚醒は、ptsdの症状の一つです。
過覚醒は、原因となる出来事が起こってからあと、不安定になることや、集中力がなくなってしまい、ちょっとしたことにも大きく警戒するということがずっと続いているというものです。
精神的に過敏な状態が続くことにより、肉体的にも精神的にも負担が掛かってしまいます。
普段衝撃的な出来事に合った場合、多くの人が興奮状態になりますが、数週間では元に戻ります。
しかし、過覚醒ではずっとこの症状が続きます。
物音や光に、すぐに過敏に反応してしまうことから、集中力がそれがちで、運転や仕事に大きく影響を与えていきます。そのため、事故に合ってしまう確率が上がってしまうことや、日常生活に支障をきたすということも少なくありません。

ptadの過覚醒に悩んでいる人の場合、数ヶ月にわたり症状が発症しているという人も多くなります。
神経が過敏な状態が続くということにより、多くの人が精神的にも肉体的にも疲れを感じるようになります。
他にも、不眠症や胃痛等様々な病気を引き起こすような状態がかなり高くなります。
精神的にも追い詰められてしまうことになるので、症状が続いているという人の場合、早めに精神の安定を図ることも重要です。
ずっと緊張状態が続いていると感じている場合や、よくわからないけれども疲れを感じているというような場合、本人は意識していない状態でも、過覚醒の症状のことがあります。
何か大きな出来事があり、その後に体や心になにかしらの症状がでているという場合、一度病院で診断を受けるということも大切です。