抱きあう人

強いショックを受ける体験

悩む男性

心に関する病気が様々なところで取り上げられることにより、ptsdという名前を聞いたことがあるという人も多くなってきました。
ptsdは、Post Traumatic Stress Disorderという言葉の略で、日本語では心的外傷後ストレス障害と訳されます。
強いショック体験や、強烈なストレスを感じることにより、心のダメージとしてずっと残っているもので、時間が経過してからも強い恐怖を感じていきます。
他の精神疾患と異なる点として、明らかに何かしらの原因があり、そこから発症しているというものです。
ptsdとなる原因として、自然災害や家事、事故や事件に巻き込まれることや暴力を受けたというものがあります。
どのような出来事がptsdになるかは、同じような体験をしても発症する人や発症しない人もいることから、性格傾向や精神疾患の家族歴等様々な要素が発症に絡んでいるとされています。

大きなストレスを受けた直後は、多くの人が眠れなくなることや食欲がなくなるということがあります。
ptsd診断基準は、症状の持続が1ヶ月以上続いているということが前提となります。
しかし、あまりにも衝撃的な出来ごとの場合、直後から重症の反応がでてきて、ptsdに似たような症状が現れることがあります。
症状が強く出てきた場合、急性ストレス障害と呼ばれるものになり、別のものとして区別されています。
いずれにしても、症状は重く出ていることがあり、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。
早めに対応を行うことにより、心や体の症状を改善させていくことができます。